裁判を抱えていた萩原聖人と和久井映見の電撃結婚

公開日:  更新日:

 02年、和久井は2歳の子供を連れて実家に戻ったが、萩原は和久井を迎えに行くことも謝罪もせず、そのまま完全別居となった。

 離婚にあたっての唯一の争点は子供の親権だったという。萩原は子供との面会を何度も申し入れたが、和久井は会わせようとしなかったという証言も出た。親権は最終的に和久井が取ることで決着、翌03年7月4日、離婚報告のファクスがマスコミ各社に送られた。

 その後、萩原、和久井はともにドラマや映画などで活躍している。2人ともいまだに再婚はしていない。

◇1995年11月 1日、ゆりかもめが開業。9日、野茂英雄がナショナル・リーグの新人王。日本人初。19日、大阪で第3回APEC首脳会議開催。日本開催は初。27日、新潟県上越市の中学1年生の生徒がいじめを苦に自殺。30日、平壌でよど号ハイジャック犯人グループのリーダー田宮高麿が死去。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る