“おばあちゃんアイドル”の浦辺粂子 浴衣に引火し火傷死

公開日:  更新日:

ー1989年10月ー

 戦前から女優として活躍し、「ハレー彗星を2度見た」とも発言した浦辺粂子。80歳を過ぎても現役を続け、バラエティー番組で人気だったが、1989年10月、ガスコンロの火が浴衣に移り、大火傷(やけど)を負って87年の生涯を閉じた。

 浦辺は26歳の時に京都の資産家と結婚し、1年余りで離婚。以後「女優に家庭は要らない」「私はわがままで、気を使うのは嫌い」と独身を貫いていた。一人暮らしを続けた浦辺の元気の秘訣は、離婚の原因ともなったギャンブル。競輪はフリーパス、競艇は特別パスを持っていた。麻雀好きでも知られ、「仲間がだんだん死んじゃうからメンツが足りなくて大変なの」とも語っていた。

 元気に暮らす浦辺にアクシデントが起きたのは10月25日朝8時前。お湯を沸かそうとヤカンをガスコンロにかけたが、その際、浴衣の右のたもとに引火したのだ。助けを呼ぼうと浦辺は火だるまになりながら、玄関に向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る