“おばあちゃんアイドル”の浦辺粂子 浴衣に引火し火傷死

公開日: 更新日:

ー1989年10月ー

 戦前から女優として活躍し、「ハレー彗星を2度見た」とも発言した浦辺粂子。80歳を過ぎても現役を続け、バラエティー番組で人気だったが、1989年10月、ガスコンロの火が浴衣に移り、大火傷(やけど)を負って87年の生涯を閉じた。

 浦辺は26歳の時に京都の資産家と結婚し、1年余りで離婚。以後「女優に家庭は要らない」「私はわがままで、気を使うのは嫌い」と独身を貫いていた。一人暮らしを続けた浦辺の元気の秘訣は、離婚の原因ともなったギャンブル。競輪はフリーパス、競艇は特別パスを持っていた。麻雀好きでも知られ、「仲間がだんだん死んじゃうからメンツが足りなくて大変なの」とも語っていた。

 元気に暮らす浦辺にアクシデントが起きたのは10月25日朝8時前。お湯を沸かそうとヤカンをガスコンロにかけたが、その際、浴衣の右のたもとに引火したのだ。助けを呼ぼうと浦辺は火だるまになりながら、玄関に向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る