過激発言で人気を博した「シュガー」のデビューと解散

公開日: 更新日:

―1981年11月―

 1981年11月、「ウエディング・ベル」でデビューしたミキ・クミ・モーリの3人組コーラスユニット「シュガー」。「女の子なのに“しおらしくない”」という理由でネーミングされたグループ名の通り、テレビやライブで毒舌や下ネタ、芸能界の裏事情を連発。あっけらかんと繰り出される過激トークは「シュガー公害」「バイキン少女」とも呼ばれた。

 別れた恋人の結婚式に招かれた女性が悪態をつく姿を歌ったデビュー曲「ウエディング・ベル」はコーラスと歌詞のギャップが話題となり、70万枚のヒットとなった。

 だが、教会の多い神戸では「くたばっちまえ、アーメン」の歌詞が反感を買った。そこでNHK神戸がこの部分をフェードアウトして放送、「ウエディング・ベル」が神戸で放送禁止と報道される騒ぎも起きた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る