過激発言で人気を博した「シュガー」のデビューと解散

公開日:  更新日:

―1981年11月―

 1981年11月、「ウエディング・ベル」でデビューしたミキ・クミ・モーリの3人組コーラスユニット「シュガー」。「女の子なのに“しおらしくない”」という理由でネーミングされたグループ名の通り、テレビやライブで毒舌や下ネタ、芸能界の裏事情を連発。あっけらかんと繰り出される過激トークは「シュガー公害」「バイキン少女」とも呼ばれた。

 別れた恋人の結婚式に招かれた女性が悪態をつく姿を歌ったデビュー曲「ウエディング・ベル」はコーラスと歌詞のギャップが話題となり、70万枚のヒットとなった。

 だが、教会の多い神戸では「くたばっちまえ、アーメン」の歌詞が反感を買った。そこでNHK神戸がこの部分をフェードアウトして放送、「ウエディング・ベル」が神戸で放送禁止と報道される騒ぎも起きた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る