過激発言で人気を博した「シュガー」のデビューと解散

公開日: 更新日:

―1981年11月―

 1981年11月、「ウエディング・ベル」でデビューしたミキ・クミ・モーリの3人組コーラスユニット「シュガー」。「女の子なのに“しおらしくない”」という理由でネーミングされたグループ名の通り、テレビやライブで毒舌や下ネタ、芸能界の裏事情を連発。あっけらかんと繰り出される過激トークは「シュガー公害」「バイキン少女」とも呼ばれた。

 別れた恋人の結婚式に招かれた女性が悪態をつく姿を歌ったデビュー曲「ウエディング・ベル」はコーラスと歌詞のギャップが話題となり、70万枚のヒットとなった。

 だが、教会の多い神戸では「くたばっちまえ、アーメン」の歌詞が反感を買った。そこでNHK神戸がこの部分をフェードアウトして放送、「ウエディング・ベル」が神戸で放送禁止と報道される騒ぎも起きた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

もっと見る