過激発言で人気を博した「シュガー」のデビューと解散

公開日:  更新日:

―1981年11月―

 1981年11月、「ウエディング・ベル」でデビューしたミキ・クミ・モーリの3人組コーラスユニット「シュガー」。「女の子なのに“しおらしくない”」という理由でネーミングされたグループ名の通り、テレビやライブで毒舌や下ネタ、芸能界の裏事情を連発。あっけらかんと繰り出される過激トークは「シュガー公害」「バイキン少女」とも呼ばれた。

 別れた恋人の結婚式に招かれた女性が悪態をつく姿を歌ったデビュー曲「ウエディング・ベル」はコーラスと歌詞のギャップが話題となり、70万枚のヒットとなった。

 だが、教会の多い神戸では「くたばっちまえ、アーメン」の歌詞が反感を買った。そこでNHK神戸がこの部分をフェードアウトして放送、「ウエディング・ベル」が神戸で放送禁止と報道される騒ぎも起きた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る