霊界的弁明で記者をうならせた 丹波哲郎の「隠し子会見」

公開日:  更新日:

―1989年6月―

 2006年に84歳で亡くなった丹波哲郎。明るく豪放磊落(らいらく)な性格で皆に愛された大物が隠し子会見を開いたのは89年6月。6日、丹波哲郎(当時66)が記者会見場に姿を見せた。女性誌が51歳の元女優の愛人と、14歳になる男の子がいることをスクープしたことを受けてのものであった。

 まず「記事の件は事実か」と記者にマイクを向けられた。これに丹波は大声で「ああ、本当も本当、大本当。知らないのは皆さんだけ」と上機嫌で肯定。しかし、記者から「隠し子」という言葉が出ると少し不機嫌な表情になり、「そんなことは(母子の住む)府中では知らない者はいないというくらい知ってる。乗ったタクシーの運転手も知っていた。だから、全然隠し子じゃない」と珍反論を展開した。

 この子供を生後4カ月の頃から自分の子として認知し、「経済的にも精神的にもきっちり責任を果たしている」と胸を張る。「不倫ですよね」という記者にも「不倫? 役者はそういう艶ダネがあって役者だよ。色っぽくない役者なんて役者じゃないよ。そんな不倫だなんて、一度も考えたこともない」と軽く受け流した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る