霊界的弁明で記者をうならせた 丹波哲郎の「隠し子会見」

公開日: 更新日:

―1989年6月―

 2006年に84歳で亡くなった丹波哲郎。明るく豪放磊落(らいらく)な性格で皆に愛された大物が隠し子会見を開いたのは89年6月。6日、丹波哲郎(当時66)が記者会見場に姿を見せた。女性誌が51歳の元女優の愛人と、14歳になる男の子がいることをスクープしたことを受けてのものであった。

 まず「記事の件は事実か」と記者にマイクを向けられた。これに丹波は大声で「ああ、本当も本当、大本当。知らないのは皆さんだけ」と上機嫌で肯定。しかし、記者から「隠し子」という言葉が出ると少し不機嫌な表情になり、「そんなことは(母子の住む)府中では知らない者はいないというくらい知ってる。乗ったタクシーの運転手も知っていた。だから、全然隠し子じゃない」と珍反論を展開した。

 この子供を生後4カ月の頃から自分の子として認知し、「経済的にも精神的にもきっちり責任を果たしている」と胸を張る。「不倫ですよね」という記者にも「不倫? 役者はそういう艶ダネがあって役者だよ。色っぽくない役者なんて役者じゃないよ。そんな不倫だなんて、一度も考えたこともない」と軽く受け流した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る