事実無根の婚約不履行で訴えられた森進一の悲劇

公開日: 更新日:

―1973年1月―

 1月18日、午後1時30分、山口地裁下関支部の法廷に森進一(当時25)が立っていた。森側の弁護士が尋問を開始した。

――Iさんと会ったことはありますか?
「ありません」

――自分から手紙を出したり、彼女からもらったことは?
「彼女の方はあるかもしれませんが、ボクは一度も見ていません」

――Iさんの家に行ったことは?
「ありません」

 Iさんとは森を婚約不履行で訴えた下関出身の26歳の女性。訴状によれば、最初の出会いは63年夏。Iさんは仕事を探しに大阪を訪れ、ゲイバーの2階で眠っているうちに森に犯された。以降、東京、大阪、鹿児島であいびきを重ねて、66年1月に妊娠。同年8月、鹿児島の森の実家で男の子を産んだが、3日後に下関に帰り、その後の消息はわからない。69年9月にも森との間の子を流産――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

もっと見る