95歳で天寿全うした小森のおばちゃま「菊池寛との武勇伝」

公開日:  更新日:

―2005年1月―

 92歳で亡くなった森光子と同様に、長期療養の末に95歳で他界したのが「モアベターよ」の決めゼリフが人気で、「おばちゃま」の愛称で親しまれた映画評論家・小森和子。1995年、やけど事故を起こして以降は体の衰えを隠せなくなり、05年1月9日未明に呼吸不全で天寿を全うした。

 95年3月4日のことだった。小森は都内の自宅マンションで転倒事故を起こすが、その場所が温風ヒーターの前。熱風が吹き出す場所で動けなくなった小森は左頬、左腕にやけどを負った。3週間で退院したものの、車椅子が手放せない生活となった。翌年1月には映画評論家を引退、その後は寝たきりの生活になったと伝えられた。亡くなる前は言葉も出ないような状態だったという。

 しかし、やけど事故の退院直後に車椅子でカナダ旅行するなど、小森は晩年も活動的だった。当時、知人に電話で「私まだまだ恋をしたい」と言うなど男性関係にも意欲を見せていた。生涯1000人切りが目標だったという小森の艶話は多く、この点でも森とは共通する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る