• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

95歳で天寿全うした小森のおばちゃま「菊池寛との武勇伝」

―2005年1月―

 92歳で亡くなった森光子と同様に、長期療養の末に95歳で他界したのが「モアベターよ」の決めゼリフが人気で、「おばちゃま」の愛称で親しまれた映画評論家・小森和子。1995年、やけど事故を起こして以降は体の衰えを隠せなくなり、05年1月9日未明に呼吸不全で天寿を全うした。

 95年3月4日のことだった。小森は都内の自宅マンションで転倒事故を起こすが、その場所が温風ヒーターの前。熱風が吹き出す場所で動けなくなった小森は左頬、左腕にやけどを負った。3週間で退院したものの、車椅子が手放せない生活となった。翌年1月には映画評論家を引退、その後は寝たきりの生活になったと伝えられた。亡くなる前は言葉も出ないような状態だったという。

 しかし、やけど事故の退院直後に車椅子でカナダ旅行するなど、小森は晩年も活動的だった。当時、知人に電話で「私まだまだ恋をしたい」と言うなど男性関係にも意欲を見せていた。生涯1000人切りが目標だったという小森の艶話は多く、この点でも森とは共通する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る