95歳で天寿全うした小森のおばちゃま「菊池寛との武勇伝」

公開日:  更新日:

―2005年1月―

 92歳で亡くなった森光子と同様に、長期療養の末に95歳で他界したのが「モアベターよ」の決めゼリフが人気で、「おばちゃま」の愛称で親しまれた映画評論家・小森和子。1995年、やけど事故を起こして以降は体の衰えを隠せなくなり、05年1月9日未明に呼吸不全で天寿を全うした。

 95年3月4日のことだった。小森は都内の自宅マンションで転倒事故を起こすが、その場所が温風ヒーターの前。熱風が吹き出す場所で動けなくなった小森は左頬、左腕にやけどを負った。3週間で退院したものの、車椅子が手放せない生活となった。翌年1月には映画評論家を引退、その後は寝たきりの生活になったと伝えられた。亡くなる前は言葉も出ないような状態だったという。

 しかし、やけど事故の退院直後に車椅子でカナダ旅行するなど、小森は晩年も活動的だった。当時、知人に電話で「私まだまだ恋をしたい」と言うなど男性関係にも意欲を見せていた。生涯1000人切りが目標だったという小森の艶話は多く、この点でも森とは共通する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る