母の愛か過保護か…薬物で逮捕された息子かばった松尾和子

公開日: 更新日:

―1991年11月―

 フランク永井にスカウトされ1959年に24歳でデビューした松尾和子。「東京ナイト・クラブ」「誰よりも君を愛す」など次々とヒットを飛ばし、ムード歌謡の女王と称されたが、91年の一人息子の覚醒剤使用での逮捕をきっかけにマスコミからバッシングを受ける。松尾は翌年、息子の服役中に自宅階段で転落事故を起こし、57歳の若さで死去した。

 91年10月、覚醒剤使用で逮捕された貿易商が松尾の長男から覚醒剤を譲渡されたと自供。それを受けて長男(当時28)が11月8日、指名手配され、松尾は10日に記者会見を開いた。

 松尾は「居場所がわかりません。一日も早く出頭させようと思っています」と答えた。罪を犯したことについては「過保護すぎた私の責任もあります。でも、息子は私の宝です」と心境を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る