母の愛か過保護か…薬物で逮捕された息子かばった松尾和子

公開日: 更新日:

―1991年11月―

 フランク永井にスカウトされ1959年に24歳でデビューした松尾和子。「東京ナイト・クラブ」「誰よりも君を愛す」など次々とヒットを飛ばし、ムード歌謡の女王と称されたが、91年の一人息子の覚醒剤使用での逮捕をきっかけにマスコミからバッシングを受ける。松尾は翌年、息子の服役中に自宅階段で転落事故を起こし、57歳の若さで死去した。

 91年10月、覚醒剤使用で逮捕された貿易商が松尾の長男から覚醒剤を譲渡されたと自供。それを受けて長男(当時28)が11月8日、指名手配され、松尾は10日に記者会見を開いた。

 松尾は「居場所がわかりません。一日も早く出頭させようと思っています」と答えた。罪を犯したことについては「過保護すぎた私の責任もあります。でも、息子は私の宝です」と心境を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る