母の愛か過保護か…薬物で逮捕された息子かばった松尾和子

公開日:  更新日:

―1991年11月―

 フランク永井にスカウトされ1959年に24歳でデビューした松尾和子。「東京ナイト・クラブ」「誰よりも君を愛す」など次々とヒットを飛ばし、ムード歌謡の女王と称されたが、91年の一人息子の覚醒剤使用での逮捕をきっかけにマスコミからバッシングを受ける。松尾は翌年、息子の服役中に自宅階段で転落事故を起こし、57歳の若さで死去した。

 91年10月、覚醒剤使用で逮捕された貿易商が松尾の長男から覚醒剤を譲渡されたと自供。それを受けて長男(当時28)が11月8日、指名手配され、松尾は10日に記者会見を開いた。

 松尾は「居場所がわかりません。一日も早く出頭させようと思っています」と答えた。罪を犯したことについては「過保護すぎた私の責任もあります。でも、息子は私の宝です」と心境を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る