母の愛か過保護か…薬物で逮捕された息子かばった松尾和子

公開日:  更新日:

―1991年11月―

 フランク永井にスカウトされ1959年に24歳でデビューした松尾和子。「東京ナイト・クラブ」「誰よりも君を愛す」など次々とヒットを飛ばし、ムード歌謡の女王と称されたが、91年の一人息子の覚醒剤使用での逮捕をきっかけにマスコミからバッシングを受ける。松尾は翌年、息子の服役中に自宅階段で転落事故を起こし、57歳の若さで死去した。

 91年10月、覚醒剤使用で逮捕された貿易商が松尾の長男から覚醒剤を譲渡されたと自供。それを受けて長男(当時28)が11月8日、指名手配され、松尾は10日に記者会見を開いた。

 松尾は「居場所がわかりません。一日も早く出頭させようと思っています」と答えた。罪を犯したことについては「過保護すぎた私の責任もあります。でも、息子は私の宝です」と心境を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る