国広富之との“涙の婚約破棄会見”を行った水沢アキの決断

公開日: 更新日:

 もっとも、その時点では水沢はまだ仲直りしたつもりもなく、婚約指輪も一度返したという。国広はその後、ハワイにいる水沢の元に飛んだ。指輪を持って追いかけ、再び説得し、水沢も「いっそこのまま結婚しちゃおうかと思ったくらいなんです。でも、やけくそとか、妥協で結婚したら幸せになれないと思って自分を抑えました」という心境で、単独の破局宣言会見になったのだ。

 国広は「岸辺のアルバム」「噂の刑事トミーとマツ」などで注目を浴びて、当時、大人気の若手俳優。水沢も美人女優として活躍する他、「連想ゲーム」のレギュラーなど幅広く活躍した。ともに人気絶頂で、噂になった相手も多い「恋多き男と女のカップル」といわれたが、結婚目前にして急転直下の破局を迎えた。

◇1983年6月 3日、阪急・福本豊が盗塁939の世界新記録達成。国民栄誉賞受賞を打診されて固辞。26日、第13回参議院議員選挙。拘束名簿式比例代表制度が導入された。28日、俳優沖雅也が飛び降り自殺。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  5. 5

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  8. 8

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  9. 9

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  10. 10

    MLB新ルールにダルは反論 不正投球蔓延は投手コーチが元凶

もっと見る