元プロレスラーのミミ萩原 マリア様のお告げで教団立ち上げ

公開日: 更新日:

―1993年4月―

 アイドルから女子プロレスラーに転身したミミ萩原。デビュー以来、1987連敗の記録を打ち立てて史上最弱のレスラーとも呼ばれ、その後、ビジュアル系女子レスラーとして人気となり、一時代を築いた。しかし、引退後は「マリア様からのお告げ」として教団を始めて話題になった。

 84年、王者のまま28歳で女子プロレスを引退して結婚、離婚を経験。91年ごろから「宇宙とコンタクトできるようになった」という。93年2月には「現在の世界は滅亡の一途をたどっている。それを救うのは“愛”しかない」とヌードで宇宙とチャネリングを行う姿を収めたビデオ「エーゲ海の愛と光―LOVE&LIGHT」を発売、36歳の裸体を披露した。

 さらに93年4月に「日本にどんな災害が起きても安全な土地がある。そのひとつである広島に越しなさい」というお告げを受けて、4世帯の信者一家とともに広島入り。山あいの新興住宅地にある一軒家を購入し、共同生活を始めた。玄関脇に十字架とマリア像が立ち並び、屋内にも祭壇が設けられた。白装束に身を包んだ萩原は「ロザリオを手に祈るとマリア様、イエス様が現れてメッセージをくれる」と語り、自らを“幻視者”と呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る