元プロレスラーのミミ萩原 マリア様のお告げで教団立ち上げ

公開日: 更新日:

―1993年4月―

 アイドルから女子プロレスラーに転身したミミ萩原。デビュー以来、1987連敗の記録を打ち立てて史上最弱のレスラーとも呼ばれ、その後、ビジュアル系女子レスラーとして人気となり、一時代を築いた。しかし、引退後は「マリア様からのお告げ」として教団を始めて話題になった。

 84年、王者のまま28歳で女子プロレスを引退して結婚、離婚を経験。91年ごろから「宇宙とコンタクトできるようになった」という。93年2月には「現在の世界は滅亡の一途をたどっている。それを救うのは“愛”しかない」とヌードで宇宙とチャネリングを行う姿を収めたビデオ「エーゲ海の愛と光―LOVE&LIGHT」を発売、36歳の裸体を披露した。

 さらに93年4月に「日本にどんな災害が起きても安全な土地がある。そのひとつである広島に越しなさい」というお告げを受けて、4世帯の信者一家とともに広島入り。山あいの新興住宅地にある一軒家を購入し、共同生活を始めた。玄関脇に十字架とマリア像が立ち並び、屋内にも祭壇が設けられた。白装束に身を包んだ萩原は「ロザリオを手に祈るとマリア様、イエス様が現れてメッセージをくれる」と語り、自らを“幻視者”と呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る