石橋蓮司と緑魔子 形式を嫌った2人の「未婚の母」騒動

公開日: 更新日:

―1972年5月―

 1971年から72年にかけて、芸能界ではちょっとした“未婚の母”ブームが起こっていた。生まれた赤ちゃんは不幸にも7時間後に亡くなったが、相手の名を決して明かさなかった加賀まりこ。籍は入っていたものの、妊娠判明後、間もなく家を飛び出し、ひとりで子どもを出産した森山良子……。だが、5月3日に女児を産んだ緑魔子(当時28)の場合は事情が少し違っていた。相手がだれかはっきりしていたし、男性は出産にも付き添った。自らの意思で入籍していなかったのだ。

 その相手とは石橋蓮司(同30)。形式的なことにはこだわりたくないというのが、2人の一致した考えだった。

「かも」という映画で共演したのが出会いのきっかけ。その後「非行少女ヨーコ」や「男なんてなにさ」などで共演し、付き合うようになった。当時、魔子は東映に所属するスター女優。一方、石橋は蜷川幸雄や蟹江敬三らと劇団を旗揚げ。財布の中はいつも空っぽで魔子の稼いでくるカネが頼りだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る