日テレに爆音…安達祐実宛ての郵便物爆発で数人が負傷

公開日: 更新日:

―1994年12月―

「同情するならカネをくれ」のセリフが流行語ともなった日本テレビのドラマ「家なき子」。これで天才子役として大人気になった安達祐実(当時12)だが、1994年12月に事件に巻き込まれる。安達宛ての郵便物に爆弾が仕掛けられ、開封しようとした所属プロ社員が指を吹き飛ばされる痛ましい事件が起きた。

 20日午後5時45分ごろ。日本テレビ編成局制作センターに爆音がとどろいた。白い煙が2メートルも立ち上り、封筒の切れ端なのか、細かい紙片が吹雪のように宙を舞う。居合わせた人たちは悲鳴を上げ、爆発に直撃された若い男性が手から血を流して「救急車を呼べ」と叫ぶ声が響き渡った。

 被害に遭ったのは安達祐実の所属事務所「サンミュージック」社員の31歳の男性マネジャー。右手親指と左手人さし指の先を失う重傷だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る