日テレに爆音…安達祐実宛ての郵便物爆発で数人が負傷

公開日: 更新日:

―1994年12月―

「同情するならカネをくれ」のセリフが流行語ともなった日本テレビのドラマ「家なき子」。これで天才子役として大人気になった安達祐実(当時12)だが、1994年12月に事件に巻き込まれる。安達宛ての郵便物に爆弾が仕掛けられ、開封しようとした所属プロ社員が指を吹き飛ばされる痛ましい事件が起きた。

 20日午後5時45分ごろ。日本テレビ編成局制作センターに爆音がとどろいた。白い煙が2メートルも立ち上り、封筒の切れ端なのか、細かい紙片が吹雪のように宙を舞う。居合わせた人たちは悲鳴を上げ、爆発に直撃された若い男性が手から血を流して「救急車を呼べ」と叫ぶ声が響き渡った。

 被害に遭ったのは安達祐実の所属事務所「サンミュージック」社員の31歳の男性マネジャー。右手親指と左手人さし指の先を失う重傷だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る