日テレに爆音…安達祐実宛ての郵便物爆発で数人が負傷

公開日: 更新日:

―1994年12月―

「同情するならカネをくれ」のセリフが流行語ともなった日本テレビのドラマ「家なき子」。これで天才子役として大人気になった安達祐実(当時12)だが、1994年12月に事件に巻き込まれる。安達宛ての郵便物に爆弾が仕掛けられ、開封しようとした所属プロ社員が指を吹き飛ばされる痛ましい事件が起きた。

 20日午後5時45分ごろ。日本テレビ編成局制作センターに爆音がとどろいた。白い煙が2メートルも立ち上り、封筒の切れ端なのか、細かい紙片が吹雪のように宙を舞う。居合わせた人たちは悲鳴を上げ、爆発に直撃された若い男性が手から血を流して「救急車を呼べ」と叫ぶ声が響き渡った。

 被害に遭ったのは安達祐実の所属事務所「サンミュージック」社員の31歳の男性マネジャー。右手親指と左手人さし指の先を失う重傷だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  7. 7

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る