槙原敬之 同居人と一緒に薬物で逮捕された後の“思わぬ余波”

公開日:  更新日:

―1999年8月―

「どんなときも。」を筆頭に、ヒット曲を連発した槙原敬之が覚醒剤取締法違反で逮捕されたのは1999年8月。芸能界を揺るがしたトップアーティストの逮捕劇だった。

 8月26日、朝9時を過ぎたころ、南青山にある槙原敬之(当時30)の自宅マンションを4人の捜査員が訪ねた。オートロックのインターホンで呼び出された槙原は素直に捜査員を自宅に入れ、捜査員はソファのカバーに隠されたペンケースを発見する。中には覚醒剤約1グラムが。槙原は「すみません」と容疑を認めて覚醒剤取締法違反で逮捕された。

 この段階では事件は伏せられたが、4日後に逮捕が明るみになり、所属事務所は素早く対応して9月から予定されていたツアーの中止と無期限の活動停止を発表。槙原は事務所を通じて「ごめんなさい。何よりもいままで応援してきてくれて、コンサートツアーを楽しみにしていてくれたファンの皆さんに……。もう本当にどのような処分も受ける覚悟です」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る