槙原敬之 同居人と一緒に薬物で逮捕された後の“思わぬ余波”

公開日: 更新日:

―1999年8月―

「どんなときも。」を筆頭に、ヒット曲を連発した槙原敬之が覚醒剤取締法違反で逮捕されたのは1999年8月。芸能界を揺るがしたトップアーティストの逮捕劇だった。

 8月26日、朝9時を過ぎたころ、南青山にある槙原敬之(当時30)の自宅マンションを4人の捜査員が訪ねた。オートロックのインターホンで呼び出された槙原は素直に捜査員を自宅に入れ、捜査員はソファのカバーに隠されたペンケースを発見する。中には覚醒剤約1グラムが。槙原は「すみません」と容疑を認めて覚醒剤取締法違反で逮捕された。

 この段階では事件は伏せられたが、4日後に逮捕が明るみになり、所属事務所は素早く対応して9月から予定されていたツアーの中止と無期限の活動停止を発表。槙原は事務所を通じて「ごめんなさい。何よりもいままで応援してきてくれて、コンサートツアーを楽しみにしていてくれたファンの皆さんに……。もう本当にどのような処分も受ける覚悟です」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る