槙原敬之 同居人と一緒に薬物で逮捕された後の“思わぬ余波”

公開日:  更新日:

―1999年8月―

「どんなときも。」を筆頭に、ヒット曲を連発した槙原敬之が覚醒剤取締法違反で逮捕されたのは1999年8月。芸能界を揺るがしたトップアーティストの逮捕劇だった。

 8月26日、朝9時を過ぎたころ、南青山にある槙原敬之(当時30)の自宅マンションを4人の捜査員が訪ねた。オートロックのインターホンで呼び出された槙原は素直に捜査員を自宅に入れ、捜査員はソファのカバーに隠されたペンケースを発見する。中には覚醒剤約1グラムが。槙原は「すみません」と容疑を認めて覚醒剤取締法違反で逮捕された。

 この段階では事件は伏せられたが、4日後に逮捕が明るみになり、所属事務所は素早く対応して9月から予定されていたツアーの中止と無期限の活動停止を発表。槙原は事務所を通じて「ごめんなさい。何よりもいままで応援してきてくれて、コンサートツアーを楽しみにしていてくれたファンの皆さんに……。もう本当にどのような処分も受ける覚悟です」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る