日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「君の名は。」新海誠監督の妻は女優・三坂知絵子だった

 新海誠監督(43)のアニメーション映画「君の名は。」が驚異的なヒットを記録している。

 8月28日の公開から週末映画ランキングは7週連続1位を獲得。すでに累計興収は145億円を突破。国内アニメ作品で100億円を超えたのはジブリ作品以外では初の快挙で、最終的には興収254億円を叩き出した「アナと雪の女王」超えも狙えるという声まで上がっている。

 小説版も100万部、サントラCDも22万枚を売り上げるなど、もはや社会現象と化している「君の名は。」。原作、脚本、絵コンテとすべてをこなしている新海監督だが、その陰には根気を要するアニメ製作を支えてくれた愛妻の存在があった。

■新海作品の“裏方”としての活動も

 実は、新海監督の妻は映画や舞台などで活躍する女優の三坂知絵子(39)だということが日刊ゲンダイの取材でわかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事