ピエール瀧には通訳が 麻薬取引「素人売人」暗躍の実態

公開日: 更新日:

「えっ、こんな人が?」と驚いた人もいるだろう。

 ピエール瀧容疑者(51)にコカインを売っていた女が逮捕された。

 捕まった田坂真樹容疑者(48)の職業は通訳で、テレビ東京系の「YOUは何しに日本へ?」に出演したこともある。瀧容疑者とは20年来の知人という。ネットに出回る顔写真を見ると、どこにでもいそうな普通のオバサンだ。

 通常、コカインや覚醒剤などの違法薬物は暴力団ルートの売人が売るケースが多い。ASKAや清原和博らもそうだった。

 ところが瀧容疑者に売っていたのは一般女性。素人が薬物売買に絡む時代になったようだ。

「最近、こうした素人売人が増えています」とは元兵庫県警刑事で作家の飛松五男氏。

「よく聞くのが主婦のルートです。子供のつながりで女子会と称して飲み会を開き、覚醒剤やコカインを売人から買っている女性が交じっているパターン。『これを使うと食欲が減退して痩せるよ』などと言ってママ友に少量を渡し、相手がハマると自分が買った分を売り渡す。要するに転売です。小遣い稼ぎだから、値段は買値に1割上乗せする程度ですが、中には大勢の顧客を抱え、薄利多売で稼いでいる主婦もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る