日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダンカンが通いつめるお笑い芸能人御用達の居酒屋 酒とめし 信之助

■マスターの手料理に思わず酒が進む

“たけし軍団”のメンバー、ダンカン(55)は俳優としても数多くのドラマや映画に出演し、放送作家や脚本家としても活躍中だが、昔から通い続けている店が東京・中野にある。居酒屋「酒とめし 信之助」で、中野新橋駅から徒歩3分ほどの路地にあり、気さくなマスターが作る和洋折衷の料理が人気だ。

 店はまだ新しいが、実は中野新橋での歴史は古く、30年来、地元民のたまり場だった飲み屋「信ちゃん」が店の前身。界隈(かいわい)で暮らす芸人たちの御用達としても知られ、たけし軍団のメンバーが結成当初から通い詰めていたほか、松村邦彦やダチョウ倶楽部など、数多くの芸人、タレントが入り浸っていた。

 一度は店舗の立ち退きで閉店。3年のブランクを経て、11年に屋号も改めて再スタートを切ったが、それを誰より喜んだのがダンカンだった。自らのブログでは「“信之助”が、三年ぶりに中野新橋に帰ってきた」と手放しで喜び、親しいマスターの手料理も、「顔と口はまずいが、料理は美味い!」と腕前に太鼓判を押している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事