日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大阪出身はるな愛が本場の味を再現「A.garden」の人気メニュー「どろろ焼き」

 細い路地が迷路のように入り組んだ三軒茶屋の“なかみち街”。小さな飲み屋が軒を連ね、昭和レトロな風情が漂うこの場所に、タレントのはるな愛(42)が経営するお好み焼き店がある。

「A.garden」はカウンターの目の前で焼くアツアツのお好み焼き、鉄板焼きが味わえるダイニング。はるなは大阪出身で、かつて実家がお好み焼き店を経営。幼い頃から親しんできた本場の味を関東の人にも味わって欲しいと、この地にオープンし、間もなく7周年を迎える。

 本場大阪の味をベースにしながらも、独自の工夫をこらしたオリジナリティーこそが、この店のお好み焼きの魅力。数あるメニューの中でも不動の人気を誇るのが本人の名を冠した名物、「どろろ焼き はるなスペシャル」(1550円、税別)だ。

 最大の特徴は山芋の量にあると、店長の小笠原修一さんは言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事