日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元巨人・元木大介プロデュース つけ麺が評判「麺屋 元福」

 北千住駅から東武スカイツリーラインに乗って2つ目の五反野駅。静かな住宅地の一角に、元プロ野球選手の元木大介がプロデュースするラーメン店がある。

「麺屋 元福」は濃厚ながらあっさりとした、魚介豚骨ラーメンが評判の店。2010年9月に上野でオープンし、昨年6月、この地に移転してきた。

■自慢のスープはうま味ギッシリ後味スッキリ!

 最大の魅力は、元木自身が幾度となく試食を重ね、改良に次ぐ改良の末に完成させたという、自慢のスープ。豚、鶏、魚介、そして野菜と数多くの素材をバランスよく組み合わせ、約12時間かけて丁寧に炊き上げるという手間のかけようだ。

「移転にともない客層が変化したことから、スープをさらに進化させました」と語るのは店長。

「力仕事をしている若い男性が増えたので、そういう方々にも満足していただけるよう、スープを今まで以上に濃厚に仕上げています。鶏ガラの量を増やしているので、うま味たっぷり! でも、決して重くはなく、女性やお子さん、年配の方にも幅広く味わっていただいています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事