日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チュートリアル徳井がハマった日本蕎麦をつけ麺風に味わう「つけ蕎麦安土」

 つけ麺のスープで日本蕎麦を味わう――そんな邪道にあえて挑戦し、絶大な支持を集めている店がある。「つけ蕎麦安土」はラーメン激戦区の高田馬場に店を構える一風変わった蕎麦屋。ひきたて、打ちたて、茹でたてという本格的な“3たて蕎麦”を鶏がらベースのオリジナルスープで味わう“つけ蕎麦”でブレーク。食事時には行列ができる人気店だ。

 オープンは07年。折しも“つけ麺ブーム”だった当時、日本蕎麦を持ち込む斬新さで大いに注目を集めた。とはいえ、日本蕎麦とつけ麺は本来まったく異なるもの。「両者のバランスを整えるのは簡単ではなかった」とスタッフは振り返る。

「ラーメン屋が出すようなスープをそのまま使ったのでは、当然、日本蕎麦には合いません。そこで魚介だしをきかせ、返し醤油を用いるなどしてスープを和風テイストに。蕎麦自体も通常よりコシを強くして、麺とスープが歩み寄るよう、改良を重ねたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事