日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仲本工事夫妻が始めたおばんざい居酒屋「仲本家JUNKAの台所」

 バラエティー黄金期のトップランナーといえばザ・ドリフターズ。中高年の多くが「8時だョ!全員集合」(TBS系)を見て育った。

 メンバーのひとり、“体操”の仲本工事(74)が渋谷・センター街で長く飲食店を経営していたのは有名だが、11月2日に目黒区内にとっておきの居酒屋をオープンさせた。

 店名は、「仲本家 JUNKA(純歌)の台所」。3年前に結婚した歌手の純歌夫人(47)とともに手がける、閑静な住宅街にある隠れ家である。カウンターとテーブル席3卓で合計18席のこぢんまりとした店だ。

 料理はすべて純歌さんの手作り。18時のオープンともなるとカウンターには大皿料理がズラリと並ぶ。コンセプトは「体想いのおばんざい」。彩りはなんとも華やか。健康志向バリバリ、野菜たっぷりで、しかも、バリエーション豊富。芸能人が片手間でやっている店とはひと味もふた味も違う本格派だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事