日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

舞台で大忙しの看板女優 今も作ってもらうヒジキの煮物

大鶴義丹さんと母・女優の李麗仙さんの「ヒジキの煮物」/(C)日刊ゲンダイ

 大鶴義丹さんは劇作家の唐十郎と女優の李麗仙の長男。両親はかつて大人気の新宿・花園神社の「紅テント」公演で多忙を極め、夜中まで自宅2階の稽古場で芝居に打ち込んでいた。

「もう子供そっちのけです。母親は劇団の看板女優だから、それこそ家事どころじゃない。…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事