日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【紅ショウガハンバーグ】店の裏メニューの“アレ”が変身

ガティート(大井町)

 スーパーなどによく売っている紅ショウガの袋は大体、50グラムだ。ということは、それが半分以上、ドーンと入る。しかも、みじん切りではなく、千切りのを買ってきて、そのまま切らずに使うという。

「私、紅ショウガが好きなんですよね。紅ショウガを食べたいから、牛丼屋に行くって感じ。だから、これもたっぷり入れます」

 ハンバーグなのに、玉ネギも入れない。キャベツを粗く切ってこねる。味付けもオイスターソースだけなんて、シンプルすぎて、不思議だ。なんで、こんなレシピを思いつくのか。

「実はこれ、店で出している裏メニューのギョーザの種なんです。凄く評判が良くて、中身だけをハンバーグにしたんです」

 だから、キャベツ、紅ショウガ、オイスターソースなのか。納得だが、これが凄くテキーラに合う。もちろん、ウイスキーやビールにも。考えてみれば、ギョーザは手間暇がかかる料理だ。この簡単さがうれしい。それにしても、日本人はなぜ、かくも紅ショウガが好きなのか。漬けてあるのが梅酢だからだろう。見た目のアクセントになるだけでなく妙に懐かしいし、疲労回復にもなる。夏場でも食と酒が進むわけである。

 【レシピ】 
キャベツ 100グラム
豚ひき肉 150グラム
紅ショウガ 30グラム
オイスターソース 小さじ1

 キャベツは粗みじん切り。材料を全部混ぜて俵形にしてフライパンで焼き、上にも紅ショウガを盛る。

今日の達人 伊藤裕香さん

▽いとう・ゆか
 石川県出身。文藝春秋の社員だったがテキーラに魅了され、2013年テキーラバー「Gatito」を東京・大井町にオープン。芳醇なテキーラの楽しみ方を広めるために日々、尽力している。2015年「TEQUILA BAR Elote」を沖縄県那覇市にオープン。日本テキーラ協会公認「グラン・マエストロ・デ・テキーラ」。

▼Gatito
 数少ないテキーラ専門店。古いものから未輸入のものまで、伊藤さんが独自ルートで集めたアガベ100%のテキーラが揃う。その数、約300本。テキーラにバッチリ合うツマミも多数。東京都品川区大井4―10―7 ℡03・3774・7757

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事