日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【しいたけのブルーチーズ焼き】チーズには赤ワインと決めてはいけない

ガティート(大井町)

 伊藤さんは時々、テキーラを「朝飲む」という。

「シャンパンとか飲むと、もう一日ダメになっちゃうけど、テキーラには覚醒作用があるんですよ。だから、シャキッとするんです。もちろん、だらだら飲んで酔っぱらっちゃダメですけどね。1杯くらいだとやる気になる」

 ウソだと思っていたら、店に初老の紳士が入ってきた。テキーラを1杯だけ頼み、すぐ席を立とうとする。聞けば、これから大阪出張だという。

「1杯だけ飲んで気合を入れるんだ」

 覚醒作用は本当の話だったのである。確かに単一原料の蒸留酒は残りにくい。日本でいえば、泡盛だ。テキーラには100%アガべのものとそうでないものがある。100%のものは抜けがいい。一気に飲むのではなく、グラスについで5分くらいたつと、いいテキーラは芳醇な香りが立ってくる。

 このツマミも一見、赤ワインに合いそうだが、いいテキーラにもよく合う。なぜ、クルミを? と聞くと、「だって、ブルーチーズだけだとつまらないじゃない」と伊藤さん。

 こんなに簡単にできて、食べたこともないような食感。完成度が高いつまみにはいい酒が合う。

  【レシピ】
しいたけ  人数分
クルミ    適量
ブルーチーズ 適量

 しいたけの軸を取り、かさを下にして、砕いたクルミとブルーチーズをのせる。チーズがとけるまでトースターで焼く。

今日の達人 伊藤裕香さん

▽いとう・ゆか
 石川県出身。文藝春秋の社員だったがテキーラに魅了され、2013年テキーラバー「Gatito」を東京・大井町にオープン。芳醇なテキーラの楽しみ方を広めるために日々、尽力している。2015年「TEQUILABARElote」を沖縄県那覇市にオープン。日本テキーラ協会公認「グラン・マエストロ・デ・テキーラ」。

▼Gatito
 数少ないテキーラ専門店。古いものから未輸入のものまで、伊藤さんが独自ルートで集めたアガベ100%のテキーラが揃う。その数、約300本。テキーラにバッチリ合うツマミも多数。東京都品川区大井4―10―7 ℡03・3774・7757

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事