日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【サーモン玉ネギクミン炒め】 炒めてスパイスをパパっ

モンゴリアン・チャイニーズBAO(東京・新橋)

 店で人気の一皿「羊玉ネギクミン炒め」をサーモンでアレンジした。

「ウチでビールを飲んでいると、これが食べたくなるの。玉ネギとピーマンを切って、サーモンと炒めるだけだからパパッとできる。飲みながらでも楽チンよ」

 サーモンは小麦粉をまぶしてからバターで焼くムニエルが定番だが、その手間はいらない。スーパーに並ぶパックの切り身を一口サイズに切り分け、玉ネギと一緒に炒めればいい。

「余計な調味料を使うのが嫌なの。だから、ムニエルにはしない」

 玉ネギから溶け出す糖分が、オブラートのようにサーモンを包み、クミンなどのスパイスと折り重なって、複雑な味わいをなす。取材時の炒めている香りで食欲が刺激されて、ビールが欲しくなる。ピーマンの投入はその後だった。簡単に手に入る食材なのもいい。

「日本酒も意外と合いますよ」

 口に運ぶと、サーモンの脂とクミンの香りがほどよくマッチする。ハイボールや紹興酒も合いそうだ。酒を選ばないのもいい。シャキッとしたピーマンが食感のアクセントになっている。昼間ならメシのおかずにもよさそうだ。サーモンの脂が重いという人は、タラやタイ、スズキ、サバなどでもいいだろう。スーパーや魚屋の棚を見渡して、魚は財布やボリュームをチェックして選ぶといい。

《材料》
サラダ油  大さじ1
サーモン  1パック
玉ネギ  4分の1個
ピーマン  半分
塩  少々
カレー粉  2つまみ
クミン  1つまみ

《レシピ》
(1)玉ネギは4分の1個をくし切りに、ピーマンは半分を適当な大きさに切っておく。フライパンに油を引いて、サーモンと玉ネギを炒めたら、塩を少々振る。
(2)サーモンに火が通ってきたら、ピーマンを加えて、カレー粉2つまみとクミン1つまみを加えて炒め、玉ネギが透き通ってきたら皿に盛る。
(3)クミンをより強く利かせたい人は多めに振り、好みでクミンシードを加えるといい。

今日の達人 保朝さん

▽保朝(ばお)
 中国・内モンゴル自治区出身。通訳として来日28年。「骨つき肉はかじりついて食べる」がモットーで、おいしそうにたくさん食べる人を好む。客を包み込む人柄に引かれるファン多数。

▼モンゴリアン・チャイニーズBAO
 中国の東北地方やモンゴルの料理を中心にそろえ、扱う肉はすべて羊のマトン(生後1年以上)。「羊の塩ゆで」は、骨付きマトンを塩だけで煮込む。シンプルなメニューながら、素材の味がよく引きだされた1番人気。グルメイベントでは、汁なし担々麺がテレビのお薦め1位。日祝休。
東京都港区新橋3―14―6
℡03・6435・6660

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事