日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

いちじろう(淡路市富島)地元の漁師がたむろするレベルの高さ

 北淡タコの水揚げで知られる淡路市の富島漁港。明石の対岸で漁場はほぼ同じなのに明石浦漁港と比べるとまだまだその名はとどろいていない。

 いい魚介類が揚がる富島の町で漁師たちがたむろして飲食をするのが、この「いちじろう」だ。魚のプロが通うのだから、そのレベルや推して知るべし。造りや寿司、煮付けなどいろんな魚料理がリーズナブルに楽しめる。

 もともとは料理旅館だった。それを2代目店主が北淡の活魚を使った魚料理の店に変えたのは昭和52年のこと。以来、地元住民や漁師たちが集う店として繁盛してきた。

 開業当時から人気があるのが地穴子刺し身(1200円)。かつては富島漁港で穴子の水揚げが多く、イキのいいものが入ることから始めたメニューで、鮮度いい穴子を目打ちしてさばくところから店主が行っている。時折大きな伝助穴子が入った日には「脂が乗っておいしいから」と必ず薦めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事