日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

ダイニング&バー シズリング(守口)この5000円プランはお得だ

 かつては高根の花だったホテルも、街場の店が頑張っているためにウカウカしていられない。あの手この手で激戦を勝ち抜こうと必死なのだ。

 そこで紹介は、企画が面白いのと料理の質が高いのとで評判を呼んでいるホテル・アゴーラ大阪守口。京阪・守口市駅のすぐ前にあるホテルの最上階にある「ダイニング&バー・シズリング」は、文字通り食事にもバーにも使える店。

 大阪市内のように高いビルがないから眺めも実にいい。守口の夜景を見ながら食事をしていると、時折、伊丹へ向かう飛行機のラッシュアワーに遭遇し、ロマンチックな気分に。

 同ホテルでは、「飲み会成功のカギは女性の共感を得ること」と考え、ベジセントリックなるテーマを打ち出した。ベジセントリックとは、野菜+中心をひっつけた造語。

 米国では、ベジタリアンやヴィーガンのように野菜だけを食べるのではなく、肉や野菜、炭水化物もいっしょに取り込みながら野菜中心としておいしい食事を楽しむのが流行しているが、「シズリング」のそれは、どっさり!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事