日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5年以内死亡率は30% がんより怖い「下肢閉塞性動脈硬化症」

 Aさん(59)は、50代半ばから足の冷えが悩みだった。触るとひんやりしている。冬は事前に布団をコタツなどで温めておかないと、足が冷えてよく眠れなかった。

 そのうち、数百メートル歩くと足が痛んで歩けなくなってきた。休むと痛みが取れるが、数百メートル歩くとまた痛む。近所の整形外科を受診したが、レントゲンを撮っても異常が見つからなかった。

 そんなAさんが脳梗塞を起こしたのは、昨年のことだ。幸い命は助かったが、半身不随の後遺症が残ってしまった。

 よくある症状と思いがちだが、「足の冷え」は絶対に放置してはいけない。Aさんの二の舞いになりかねない。東邦大学医療センター大橋病院循環器内科・中村正人教授が言う。

「下肢閉塞性動脈硬化症の可能性があります。米国のデータになりますが、発症5年後の心筋梗塞や脳卒中などの血管障害で亡くなる方は30%にのぼり、数%は下肢の切断に至るといわれています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事