日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歯茎に優しく、歯周病予防 歯ブラシより「指磨き」のススメ

“最近、歯磨きをするとえずく”“歯茎に毛先が当たって痛いし、出血もする”“歯の詰め物が取れそう”

 年を重ねるにつれ、歯の健康の重要さはわかってくるが、若い頃のように歯ブラシで思いっ切り歯を磨くのに抵抗感を持つ中高年は少なくない。歯茎や歯の表面が弱ってくるからだ。ならば、歯ブラシを使わない歯磨きを試してはどうか? 例えば歯磨きティッシュ、歯の指磨きだ。

「歯茎を痛めず、歯をシッカリと磨ける。それを指で実感できるし、歯の指磨きはシニアにはぴったりの歯磨き法です」
 こう言うのは自由診療歯科医師で「八重洲歯科クリニック」の木村陽介院長だ。

 歯の指磨きとは聞き慣れないが、介護の現場では以前から行われている口腔ケア法だ。水を使わずふき取るだけの「歯磨きティッシュ」なる商品は昔からあるし、最近は一般向けに指サックの表面に歯ブラシがついた歯の指磨きグッズも市販されている。指が直接、歯や歯茎に触れるわけではないので、衛生的に問題はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事