日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中高年にはデメリット多し 「レーシック手術」は老眼を早める

「レーシックに要注意!」――。消費者庁が視力を回復させるレーシック手術を安易に受けないように呼びかけている。

 手術を受けた後、目に何らかの被害を受けたという報告が4年半で80件寄せられたという。〈光がにじむ〉〈目が痛い〉〈ドライアイ〉といった被害が報告され、中でも多かったのは〈過剰な視力矯正によって遠視になった〉というケースだ。

 遠視は遠くはよく見えるが、近くの物がぼやけて見づらくなる。つまり老眼だ。眼科専門医で「清澤眼科医院」(東京・江東区)の清澤源弘院長が言う。

「人間の目には、はっきり見えるようにするためのピント調節能力があります。ピントを合わせる働きをしているのは目の中にある水晶体で、近くの物を見る時は、水晶体の周囲にある毛様体という筋肉を縮めて水晶体の形や厚さを変え、ピントを合わせています。年をとると水晶体が硬くなり、毛様体筋も衰える。水晶体を変形させて厚くすることができなくなるため、近くの物にピントが合わなくなるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事