日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中村獅童の母急死は他人事じゃない 冬の心臓病の“盲点”

 歌舞伎俳優の中村獅童(41)の母・小川陽子さん(73)が17日朝、心不全で急死した。自宅の浴槽につかったまま亡くなっているのを、獅童が発見したという。
「陽子さんは本当につい先日までお元気で、獅童の仕事の話なんかをしていたんです。後ろ盾がない獅童を支え、ここまで引っ張ってきたのは陽子さん。母子の結びつきは尋常じゃない。あまりに突然の出来事に、獅童も顔面蒼白(そうはく)でした」(芸能リポーター)

 他人事じゃない。
「暖かいところから急に寒いところに出たりすると、末端の血管が縮み、血圧が上がって心臓に負担がかかる。屋内外の寒暖差が激しい冬は、心不全などの心臓病を起こしやすいんです」(医療ライター)

 家の中で特に要注意なのは、浴室、トイレなど。それらは知られているが、意外な盲点もある。「布団」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事