日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来年早々にも発売 日本初「肥満症治療薬」の利点難点

 ダイエットしたいが、基礎代謝が衰えているせいか、食べ物を我慢しても、運動してもなかなか痩せられない――。そんな肥満に悩む人に朗報だ。日本初の脂質吸収を抑える肥満症治療薬「セチリスタット」(商品名オブリーン)が来年早々にも登場する見通しなのだ。

「新しい薬は体内で脂肪を分解する酵素(リパーゼ)を働かないようにして、体内への脂肪の吸収を抑えて体重を減らすというもの。BMI(体重を身長の2乗で割った数値)が25以上の肥満症で、糖尿病と脂質異常症のある人に適用されます」

 こう言うのは糖尿病専門医で、「しんクリニック」(東京・蒲田)の辛浩基院長だ。

■1年間で6.7キロ痩せた!

 製薬会社が約200人を対象に1年間行った治験では体重減少の効果は2%だった。
“なんだ、たかがそれっぽっちか”と思う人もいるだろうが、これはあくまでも平均。人によっては7キロ近く減量に成功した人もいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事