日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

偏食はサプリで帳尻合わせ…その道36年の大学教授に聞く

“若返り生活”ができそうなら問題ない。「今の食生活を変えられそうにない」という人には、和洋女子大学の三浦俊彦教授のような生き方もある。

「18歳からサプリメントを飲み始め、54歳の今は1日八十数種類280錠飲んでいます。睡眠時間も不規則で運動もしませんが、この10年間で寝込んだのは風邪の1日だけ。体調はいいですよ」

“無類のサプリ好き”として有名な三浦教授はかなりの偏食。家での主食はポテトチップスやカップラーメン、レトルトご飯。外では寿司や焼き肉など。大量のサプリで栄養不足の帳尻を合わせている。

「偏食のせいで、年1回の健康診断では“要注意”のオンパレード。サプリを飲んでなければ、とっくに体を壊していたと思います。厚労省は1日約30品目以上の栄養素摂取を推奨していますが、私はそれを上回る100品目以上取っている。健康的だと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事