日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

この春承認 “糖尿病新薬”はどのくらい画期的なのか!?

 糖尿病の新薬が今春承認される見込みとなった。これまでとメカニズムが全く違うため、「糖尿病治療において画期的なことになるだろう」という専門医の声も多い。どういう薬なのか? 糖尿病専門医である加藤内科クリニック(東京・葛飾)の加藤光敏院長に話を聞いた。

 新薬の名前は、「SGLT2阻害薬(ナトリウム・グルコース共輸送体2阻害薬)」という。現在、6品目が製造販売承認を申請中だ。このSGLT2阻害薬のメカニズムを理解するには、腎臓の役割を押さえることから入った方が分かりやすい。

「心臓から送られた血液は、腎臓の糸球体で濾過(ろか)されて、“原尿(尿のもと)”が作られます。1日あたりで作られる原尿は、150リットル余りと風呂おけ(浴槽)分ほどあり、この中からナトリウムやグルコース(糖)といった体に必要な成分が尿細管から再吸収され、1.5リットルほどの尿が排出されます。つまり、原尿の99%は、体に再吸収されるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事