日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仕事始めから1週間 長引く胃の不調をたった3日で元に戻す

 食べて飲んでゴロゴロしていたら、正月休みがアッという間に終わってしまった。休みが明けてから、胃が重苦しくてムカムカするし、ダルくてツラい……。仕事始めから1週間たっても、そんな不調に悩んでいるサラリーマンは多いだろう。

 3日間で元の調子を取り戻したい。日刊ゲンダイ本紙で「胃力アップで病気を防ぐ」を連載中の江田証氏(江田クリニック院長)にコツを詳しく聞いた。

「正月休み明けは、胃の不調を訴える患者さんがたくさん来院されます。あまり外出もせず、食事も睡眠も普段とはまったく違うペースで過ごしていたことで、自律神経が乱れていることが大きな原因です。胃の動きも自律神経がつかさどっています。とりわけ、休み明けはストレスがかかって交感神経が高まるので、胃の調子が悪くなりやすいのです」

 緊張やストレスを感じている時に働く交感神経が優位になると、攻撃因子である胃酸が多く分泌されるうえ、胃酸から胃壁をガードしている胃粘膜の粘液分泌が減ってしまう。胃酸が出過ぎると、胃が痛んだり、胸やけ、ゲップといった症状が表れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事