日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ここまで進んだ薬と治療法…「関節リウマチ」はもう怖くない

 本来は体を守る免疫細胞が、何らかの原因で自己を攻撃するようになるのが自己免疫疾患だ。そのひとつが、患者数70万~100万人といわれる関節リウマチ。手足の関節にこわばり、痛み、腫れなどが生じ、重症化すると関節が壊れ変形する。

 かつては有効な薬がなかったため、「手の打ちようのない病気」だった。ところが近年、関節リウマチを取り巻く環境はガラリと変わった。私たちが知っておくべきことを、関節リウマチの治療では国内トップレベルの東京女子医科大学膠原(こうげん)病リウマチ痛風センター・山中寿所長に聞いた。

 同センターの関節リウマチ患者は月延べ6000人。症状などが消え、治癒とほぼ変わらない状態になる「寛解」に至る患者は2000年には8%だったが、2013年には50%にまで急増した。主な理由は3つある。

「関節リウマチに非常によく効く抗リウマチ薬メトトレキサート(MTX)を早期から十分量使えるようになったこと、MTXだけでは進行を止めにくい場合には、さらに効果の高い生物学的製剤を使えるようになったこと、発症後10~20年先の予後を予測できるようになったこと、です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事