日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

糖尿病リスク3割減!? 高倉健も実践する「シリアル食」

 糖尿病の予防には食物繊維が効果的だといわれている。中でも、<穀物のシリアルによる摂取がもっとも糖尿病リスクを下げる>という研究報告がある。

 昨年12月に開催された世界糖尿病会議で中国の研究グループが発表したもので、<1日10グラムの摂取で発症リスクが30%も減少する>という。同じ食物繊維でも、野菜、果物、豆類によるものは、逆にリスクが増加している研究もあり、発症リスクとの関連性は低いとしている。

 米国の研究でも、<穀類から摂取する食物繊維が1日2.8グラム未満の人は、1日5.8グラム以上の人よりも2倍、糖尿病になりやすい><1日8.1グラム以上、穀類から食物繊維を摂取する人は、1日3.2グラム未満の人よりも、糖尿病の発症率を30%減らせる>といった報告がある。

 食物繊維は「水溶性」と「不溶性」に大別される。水溶性は、こんにゃく、海藻類、果物などに多く含まれ、腸内で水分を取り込んでゲル化し、脂肪や糖質の吸収を抑える働きがある。消化吸収のスピードを遅くするので、食後の血糖上昇が緩やかになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事