日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

突然発症、誰にでも…大人の食物アレルギーはこんなに危険

「大人の食物アレルギー」が急増している。原因は「アレルギー体質の人が増えているから」という説もあるが、アレルギー体質でなくても発症する人は少なくなく、はっきりしたことは分かっていない。

 発症は突然だ。子供の時にアレルギーと無縁だった人も、アレルギー体質でない人も、例外ではない。いわば、だれにでも起こる可能性があるのだ。大人の食物アレルギーの専門家である国立病院機構相模原病院臨床研究センター診断・治療薬開発研究室長の福冨友馬医師に話を聞いた。

 大人の食物アレルギーは、子供のそれとは原因が違う。

「子供の場合は鶏卵、乳製品、小麦などが圧倒的多数を占めます。一方、2009年から2011年の当院での統計では、大人は果物・野菜(リンゴ、サクランボ、大豆、メロン)、加水分解小麦、小麦(食べるだけでは平気だが、その後すぐに運動して起こる運動誘発アナフィラキシーショック)が非常に多かった。それ以外では甲殻類、スパイス、ナッツ、アニサキス、ダニなどです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事