日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

心筋梗塞3割増 サラリーマン「危ない月曜日」の切り抜け方

 ああ、今日からまた会社か……行きたくねえ。月曜日の朝、こんな憂鬱な気分になった経験があるはずだ。気分だけならまだましで、月曜日は命の危険があるから気をつけたい。

■ストレスが最大のリスク因子

 大阪大などの調査では、仕事をしている男性は月曜日の心筋梗塞の発症率が他の曜日に比べて30%も高かった。鳥取大の調査によると、脳卒中の発症率も月曜日は日曜日の1.3~1.5倍に増えるという。

 欧州や米国でも就労者が月曜日に心筋梗塞などの冠動脈疾患を発症したり、死亡するリスクが10~20%ほどアップすることが報告されている。サラリーマンにとって月曜日は危険がいっぱいなのだ。

 東邦大学医療センター佐倉病院循環器科の東丸貴信教授がこう解説する。
「土曜日、日曜日に仕事を離れて休んだサラリーマンにとって、活動期に入る月曜日の朝は大きなメンタルストレスがかかります。午前中はもともと心臓や脳にとって危険な時間帯ですが、ストレスが加わると、生体を興奮させる交感神経が緊張して血管が収縮し、血圧上昇や心拍数増加で心臓にさらに負担がかかります。血液も固まりやすくなり、冠動脈硬化巣ももろくなるので血栓ができやすくなります。そのため、心筋梗塞や脳卒中が発症しやすくなるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事