日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今すぐ必要かチェックを…老親の薬は「半分以下」に減らせる

 もし、自分の親が薬を大量に飲んでいるようなら、それらが本当に必要なものか、調べた方がいい。大幅に減らせるケースが少なくないからだ。「オアシス愛生クリニック」(埼玉・和光市)の伊藤彰洋院長に聞いた。

 アメリカでプライマリーケア(家庭医療学)を専門に学び、複数の医療機関で研修医にプライマリーケアの指導を行ってきた伊藤院長が開業したのは1年半前。大量に薬を服用する高齢者が来院するようになったきっかけは、彼らのケアマネジャーの紹介だったという。

 そんな高齢者のひとり、Tさん(84)は、14種類23錠もの薬を服用していた。
「Tさんは内科で高血圧治療薬、血液をサラサラにする薬、痛風薬、利尿薬など、消化器内科では複数の胃腸薬、便秘薬、整形外科では足腰のしびれや痛みのために鎮痛薬、ビタミン剤、漢方薬が処方されていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事