日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

魚ばかりはかえって危ない…「粗食」が高齢者の命を縮める

 もう年だから、あまり食べなくても大丈夫。そう考えている人も多いのではないか。たしかに年をとると活動量が減るから、その分、食欲がなくなるのも仕方がない。しかし、粗食で「低栄養」に陥ると、死亡リスクを高めることになる。

 東京都健康長寿医療センター研究所の調査によると、低栄養と思われる65歳以上の人の死亡リスクは、そうでない人の1.5倍以上も高いという。高齢者の栄養状態の指標である(1)「体格指数(BMI)」(体重÷〈身長×身長〉=20以下)、(2)「アルブミン」(4.0g/dl以下)、(3)「ヘモグロビン」(男性13g/dl以下)、(4)「コレステロール」(160mg/dl以下)が、すべてカッコ内の基準値より低い人は、死亡リスクが50~65%も高くなる。脳卒中、心筋梗塞、認知症のリスクもアップするというから、甘く見てはいけない。

 高齢者の栄養について研究している東北女子大の加藤秀夫教授(時間栄養学)は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事