日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

50代以上の半数がかかる「前立腺肥大症」は手術で治る

「昼夜トイレに立つ回数が多くて困る」「オシッコに勢いがなく、した後もスッキリしない」――そんな中高年は前立腺肥大症を疑った方がいい。万一、病院でそう診断されたとしても心配ない。今は体にやさしく、費用も安い手術法がある。

 前立腺とは膀胱(ぼうこう)の下で尿道と2本の射精管を取り巻く位置にある、栗の実大の臓器。排尿と射精に関わる働きがある。
 加齢などで前立腺の細胞数が多くなって肥大し、尿道や膀胱などを圧迫するのが前立腺肥大症だ。日本の潜在的患者数は400万人、50代以上の2人に1人がこの病気だといわれている。

「国際的な診断基準では1日8回以上トイレに立つ、夜中に2回以上オシッコに行く、残尿感がある、尿漏れなどの症状がある場合をいいます。あまりの頻尿に“面倒だ”と尿意を我慢すると、トイレに行っても尿が出なくなる“閉尿”に苦しむことになります」(都内の泌尿器科医)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事