日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肥満=悪はウソ? 内臓脂肪を減らし“健康デブ”になる方法

 メタボリックシンドロームだの不摂生だの、肥満は不健康の塊みたいにいわれるが、ちょっと待て。実は、痩せているより太っている方が長生きできるというデータもある。太っているからといって、必ずしも不健康とは限らない。健康的な肥満を目指す方法はあるのか――。

■ヤセ形より長生き

「“デブ(肥満)イコール悪”と考えられがちですが、実は逆。太っている方が死亡リスクが低いという科学的根拠がいくつもあります」

 こう言うのは、「長生きしたけりゃデブがいい」(SB新書)の著書がある帝京大学医学部外科の新見正則准教授だ。

 身長・体重を基に肥満度を示すBMIという数値がある。昨年1月にアメリカ疫病対策センターの研究者が発表した調査によると、BMI25~30未満の“過体重”の人の方が、BMI18・5~25未満の“普通体重”よりも死亡リスクが6%低かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事