日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

寒くて寝付けない…ぐっすり眠りたければ電気毛布はパス!

 まだまだ寒い。ベッドに入っても体が縮こまってなかなか寝付けなかったり、熟睡できないから、電気毛布や暖房をフル稼働させている中高年も多いのではないか。ぐっすり“冬眠”したいなら、すぐにやめたほうがいい。

■深部体温が下がらないと眠りが浅くなる

 日照時間が短い冬は、夏に比べて睡眠時間が2時間ほど多くなる。しっかり眠ることができずにリズムが崩れてしまうと、他の季節の睡眠にも悪影響を及ぼすことになる。寒くても、深く良質な睡眠をとりたい。「ここぞというときに力が出せる 睡眠の3鉄則」などの著者で、作業療法士の菅原洋平氏に冬の睡眠のコツを詳しく聞いた。

 人間は深部体温=内臓の温度が下がれば下がるほど眠くなり、睡眠が深くなる。逆に深部体温が上がれば目が覚める。入眠から睡眠中にかけては深部体温がどんどん下がり、起床に合わせて徐々に上がっていくようになれば、ぐっすり寝て、すっきり起きることができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事