日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

医療ライターが体験 「がん治療」後悔しない3つのポイント

 医療ライターの佐々木真理さん(47歳)は、2012年7月に乳がんが見つかり、翌13年4月に手術を受けるまでに、納得のいく医療を求め、3つの病院、8人の医師を受診した。「がんといえばネガティブなイメージを持たれることが多いが、信頼できる主治医と二人三脚で治療に臨めたら不安も少なく希望を持てる」と話す佐々木氏に、経験から得た「がん治療で後悔しないポイント」をインタビューした。

 私は家系にがん患者がひとりもいなかったため、がん宣告を受けた時はショックが大きすぎ、自分に合う病院、医師を積極的に探そうという気持ちは、少しも湧いてこなかったんです。

 ところが出会った医師が、あまりにコミュニケーション能力に欠けていた。なぜその治療が必要なのかを聞いても、ろくに答えが返ってこない。

 私の場合、検査時に針を動脈に誤って刺され、乳房が腫れ上がるという経験もしたのですが、担当医らは「医療ミス」とは認めず、「ケガ」程度の軽い認識でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事