日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

薬が効かない7割の人に吉報! うつ病は「磁気刺激」で治す

 うつ病が「きっちり治る」時代に、また一歩近づいた。薬が効かないうつ病を改善する「反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)」に注目が集まっているのだ。

 欧米では実用化されていて、日本でも先進医療、または医師主導治験による薬事承認のプロセスが検討されているところだ。rTMSの第一人者、杏林大学医学部付属病院精神神経科・鬼頭伸輔医師に話を聞いた。

 うつ病治療の第1ステップは、抗うつ薬を用いた薬物療法。SSRIやSNRIが主に使われる。

「これらを数種類服用して寛解(症状が消え、社会生活が送れる状態)に至る人は3割。7割はなかなかよくなりません」

 SSRI、SNRIで十分な効果が得られなければ、典型的な治療に反応性を示さない“難治性うつ病”と定義される。第2ステップとして、“マイルドな抗うつ薬”といわれるSSRIやSNRIに対し、“強力な抗うつ薬”である「三環系」と分類される抗うつ薬や、気分安定薬であるリチウムを用いた治療が行われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事