日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

非喫煙者も罹患 作家・山本兼一氏を襲った肺腺がんの恐怖

「利休にたずねよ」で直木賞を受賞した作家の山本兼一氏が死去した。57歳の早すぎる死の原因は肺腺がんだった。

 肺腺がんは扁平上皮がんと並ぶ、肺がんの一種。たばこを吸うと、扁平上皮がんの発症リスクは10倍に跳ね上がるが、肺腺がんの発症リスクは男性で1~2.5倍、女性で1.5倍程度だ。たばことの因果関係が希薄。つまり、たばこを吸わない人もかかる病気なのである。

 喫煙者が減少しているため扁平上皮がんは減少傾向だが、肺腺がんは増加の一途にある。いまや男性の肺がんの4割、女性の7割に達している。

 医学博士の左門新氏に解説してもらった。
「扁平上皮がんは気管支の真ん中にできるので比較的発見が簡単ですが、肺腺がんは肺の奥にできるためレントゲン検査では見つかりません。原因は大気汚染ともレンガなどに含まれるラドンが放つ放射線ともいわれています。女性の患者さんが多いのは女性ホルモンのせいという説もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事