日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

死因3位は肺炎…ワクチン1本5年効果でも普及率2割の壁

 がん、心血管障害に続く日本人の死因第3位は、肺炎だ。肺炎の95%は65歳以上の高齢者が占める。この肺炎を予防し、たとえ発症しても重症に至らないようにするのに役立つのが、肺炎球菌ワクチンだ。国立病院機構東京病院の永井英明外来診療部長に話を聞いた。

 肺炎を起こす菌は何種類もある。その中で最も多くを占め、重症化をきたしやすいのが肺炎球菌。肺炎球菌ワクチンは、その肺炎球菌による肺炎を予防するワクチンになる。

「肺炎の死亡率を見ると、65歳未満は低いですが、65歳以降では急激に高くなります。65歳を越えると、どんなに若く見えても、体力、抵抗力が落ちるからです」

 今の高齢者は、元気な人が多い。しかし、見かけの若さと、肺炎のかかりにくさや治りやすさは一致しないという。
「<あんなに元気だった人がまさか肺炎で…>というケースも見ています。だから、65歳以上の人には、ぜひ肺炎球菌ワクチンを打ってもらい、肺炎予防に努めてもらいたい。せっかく死因第3位の肺炎を予防できる手があるのに、利用しないのはもったいない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事