日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

50歳以上メタボが危険 目の脳卒中「網膜中心静脈閉塞症」

「視力が急落した」「視野の一部が欠けた」「物が歪んで見える」。あなたが50歳以上のメタボで糖尿病、高血圧、緑内障などの持病があれば、それは「網膜中心静脈閉塞症」かもしれない。放っておけば失明につながる恐ろしい目の病気だが、いまは視力を回復させる注射薬がある。

 専業主婦の田中香子さん(仮名、63歳)が庭の花に水やりをしていたところ、急に右目が見えなくなった。テラスの四角のタイルが歪み、物が真っ黒に見えたという。
 大学病院へ駆け込んだところ、診断は「網膜中心静脈閉塞症」(CRVO)だった。東京医科大学八王子医療センター眼科の志村雅彦教授が言う。

「目の脳卒中というべき病気です。眼球を覆う網膜に酸素や栄養を供給した血液は、網膜静脈を通って網膜中心静脈に集められ、眼球の外に流れていきます。ところが、動脈硬化などで突如、網膜中心静脈が詰まることがあります。すると、網膜内の血管が膨張し、蛇行して血管が破れ網膜全体が出血。その中心である黄斑部に浮腫が起きた結果、視力が急落したり、物が欠けたり歪んで見えたりするのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事