日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

痔にあらず…お尻から“大量出血”は「大腸憩室」が原因

 大腸憩室は、この10年間で患者数が2倍に急増している病気だ。お尻からの出血で救急搬送される患者の半数は大腸憩室出血だという。最近、大腸憩室の新治療法が注目を集めている。聖路加国際病院消化器内科・石井直樹医師に話を聞いた。

「大腸憩室は、腸の中の圧が高まって大腸の壁の一部が外に飛び出す病気です」

 その様子は、餅を焼いた時にプックリ膨れ上がるところと似ている。

「大腸は横行していますが、欧米人は左側のS状結腸の壁が外に飛び出ていることが多く、日本人などアジア人は右側の上行結腸が飛び出ています。左側の大腸憩室は食物繊維の不足した食生活を送っているとできやすい。右側ははっきりした原因がわかっていません」

 日本の食生活は欧米化が進み、食物繊維の摂取が少なくなってきている。そのため、欧米人と同様に、左側にも大腸憩室ができている人が多い。1個だけということはほとんどなく、大腸の左右あちこちに数百個もできる人もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事