日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今さら聞けない 「睡眠時無呼吸症候群」知っておきたいこと

 今月3日、高速バスが富山県のサービスエリアで、駐車中の大型トラック2台と相次いで衝突。死亡した37歳の運転手は、昨年の睡眠時無呼吸症候群の簡易検査で要経過観察を診断されていたが、年2回の健康診断では異常はなかったという。
 睡眠時無呼吸症候群という病気の深刻さを改めて浮き彫りにしたニュースだったが、どういう病気なのかきちんと分かっていない人も多い。睡眠時無呼吸症候群を中心に治療を行う「グッドスリープ・クリニック」の斎藤恒博院長に話を聞いた。

■どういう症状?

 基本的には「睡眠中のいびき」「睡眠中、呼吸がちょくちょく止まる」「日中の眠気」だ。ただし、分かりにくい睡眠時無呼吸症候群もある。
「必ずしも大いびきをかくわけではなく、寝息のようないびきもある。大いびきなら呼吸が止まっていることに家族が気付くかもしれませんが、寝息程度なら発見が難しいこともある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事