日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

患者800万人 カラオケ歌えないのはドライマウスのせい?

 患者数800万人といわれているのがドライマウスだ。文字通り「口の中が乾く」ことをいう。生活の質が下がるばかりか、さまざまな病気の引き金になる。高齢者においては、死因第3位の肺炎のリスクを高めることにもなるのだ。

 ところが、ドライマウスを自覚していない人も少なくない。年間5000人の新規患者が来院する鶴見大学歯学部付属病院・斎藤一郎教授に聞いた。
「口臭がひどい」「口の中がネバネバする」「滑舌が悪い」「ろれつが回らずカラオケが歌えない」「お茶や水がないと食事ができない」「クラッカーやせんべい、ビスケット、ラスクといった乾燥した食品をのみ込めない」――。

 もし、どれかひとつでも該当するようなら、ドライマウスが疑われる。
「唾液には抗菌物質としての働きと、潤滑油としての働きがあります。この唾液の分泌が不足するため、雑菌の繁殖を招き、口臭の原因にもなったり、舌の動きが悪くなったり、食物を唾液で絡めてのみ込めなくなったりするのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事